借金 払えない 場合

借金払えない 誰にでも起こりうる問題

カードを使って浪費を重ねるイメージ

私が借金を抱えるようになったのは一人暮らしをはじめてからです。

 

はじめて親元を離れて暮らすことで慣れないことも多く、ストレスを感じる毎日。

 

一人暮らしの寂しさもあってか、友人に誘われれば外食に頻繁にでかけ、結構な金額を1度に使っていました。

 

 

就職をしたばかりで給料はそんなに多くはなかったのですが、自分で稼いだお金なので好きに使ってなにが悪いといった感覚だったのです。

 

その後の借金地獄から抜け出してから、振り返って気づいたのはこれが間違いの始まりだったということですね。

 

 

そのうち、友人がおしゃれな服や、新しい家電を買ったと聞くと自分も欲しくなりクレジットカードをつくることに…。分割払いで購入することで毎月の返済は問題ないと簡単に考えていました。

 

今思えばここで抑えていれば良かったのに、毎月の返済がはじまると生活費や遊興費が足りなくなり消費者金融で契約をしてキャッシングを利用するようになっていたのです。

 

 

最初は必要最低限の金額しかキャッシング利用をしていなかったのですが、だんだん感覚が麻痺してしまい、お金が足らなくなれば銀行のATMで預金をおろすような感覚で気軽に利用するようになりました。

 

このあたりから毎月の収入から家賃と光熱費をのぞいたほとんどが返済に充てられ、手持ちの現金がほとんど無い状態になってしまったのです。そのため、また別の消費者金融でもキャッシングを利用するようになりました。

 

 

借金を返済するために借金をするという、まさに自転車操業の状態に陥り自分でもどうしたらいいのかわからない最悪の状態に。

 

最終的に私の借金は5社から借り入れ、利息を含めると300万円にまで膨らんでいました。

 

私の場合は、一人暮らしがキッカケでしたが、病気やリストラなど生活に大きな変化があった場合誰でも起こりうる問題かもしれません。

返済が滞納した場合に起きたこととは

カードローンの限度額がいっぱいになるメージ

ついに最も恐れていたことが起こってしまいました。支払いが追い付かなくなり借金を払えない状態になったのです。

 

いきなり全ての債権者へ払えない状態になったというよりは、まずは1社目、つぎに2社目と徐々に支払えなくなっていきました。それでもなんとかしようと思いましたがキャッシングの限度額もいっぱいになり限界を感じるように・・・。

 

 

その後は、消費者金融からは何度も電話がかかってきました。自宅には督促状が送られてきて、遅延損害金はどんどん膨れ上がり見るのも怖くなったので放置するようになってしまったのです。

 

そして、毎日かかってくる電話や、送られてくる督促状に怯えるようになりました。それでも、払えない状態は変わらず時間だけが過ぎていったのです。

 

家族や友人には相談できず、一人で悩んでいるうちに精神状態は悪くなり常にイライラするようになりました。

 

 

そんな中、債権者の1社から裁判を起こされ自宅に訴状が届いたのです。裁判のことはよくわからなかったのでインターネットで調べてみると、給料の差し押さえをされる場合があると知りました。

 

このままでは、職場にも知られてしまい、家族にも迷惑がかかるのではと考え、ひどく落ち込んでしまいました。しかし落ち込んでいても毎日がただ過ぎていくだけで、もう逃げていてもだめだと限界を感じたのです。

支払えなくなってからの行動は

思い切って相談することいしたイメージ

このままでは家族や友人に知られてしまう、どうしても知られたくないと思い借金問題を本気で解決しようと思いました。まず私がしたことは無料の法律相談に相談することでした。

 

最初は少し勇気が必要でしたが、家族や友人に知られる前に早く解決したかったので他に方法はないと思い相談したのです。

 

無料相談では何社からそれぞれいくらの借入があるのか、現在の収入はいくらか、など色々と答えました。

 

 

相談すると、債務整理をすることを勧められました。私の場合キャッシングの契約は利息制限法の引き直し計算をすることで減額できる可能性があることなど教えていただき、少し借金返済に希望をもてました。

借金を整理して返済する方法

新しい生活への分岐点

結局、私は近くの弁護士事務所を紹介してもらい、任意整理をすることに。任意整理を依頼すると、弁護士から債権者に受任通知が発送されます。

 

受任通知をうけとった債権者は取り立てができなくなるため、執拗な督促がとまったのです。

 

 

精神状態が最悪だった私はこれだけで本当に救われた気持ちになりました。キャッシング契約は利息制限法に引き直し計算してもらい、過払い金は無かったものの、減額することに成功

 

他のクレジット契約も含め、弁護士が債権者と減額や分割払いについて交渉してくれました。そして、月々の返済も問題なく返済できる金額でスタートし、今も返済を続けています。

 

 

私は、任意整理することで生活を立て直すことができました。今では、もっと早く相談していればよかったと本当に思います。

 

督促に怯えることなく、借金の返済に頭を悩ますこともなく落ち着いた日々を過ごすことができるまでになったのです。私と同じように借金の返済ができなくなり、精神的に追い詰められている方には無料の法律相談をお勧めします。

 

 

無料の法律相談に相談したからといって、絶対に債務整理を依頼しないといけないということはありません。気軽に無料相談されるといいですよ。

 

私は任意整理をしましたが、債務整理には他にも自己破産や個人再生などもあります。一度、自分にあった解決方法を専門家にアドバイスしてもらうといいと思います。

 

 

名前を記入する必要がない簡単無料メール相談

匿名・無料で手軽にできるメール法律相談はこちらの街角相談所。24時間いつでも受け付けていて現状を伝えれば自分に最適な解決法をアドバイスしてもらえます。


本名ではなくニックネームでも良いので仮名と都道府県名を入力すれば借金問題を解決してくれる最適な法律事務所を全国から探してもらえます。


借金を減らす手続きをしてくれる法律事務所や司法書士事務所を比較することもできるのです。


紹介された事務所へ実際に債務整理を任せるかどうかは、話をしてあなたの疑問を解決してからにするのがベスト。納得いかないままで依頼する必要はありません。


●匿名、無料、簡単にその場でわかる ……… 街角相談所-法律-のメール診断

 

ヤミ金の被害にあっている方へ

家族や職場に取り立てをすると脅されたり、返済したはずが入金してないと難癖をつけられたりした。携帯でやり取りするだけで店舗も顔もわからない。そういう業者はきっと闇金融です。


一般的な法律事務所、司法書士事務所ではヤミ金被害に対応していない事務所がほとんどです。多くの弁護士事務所などでは借金問題の中でも闇金融に対しては敬遠し積極的に取り組んでいる弁護士は多くありません。


なぜかといえば非合法の貸金業をしている相手ですから一筋縄では行かない曲者だからです。ヤミ金業者と対決するには専門のノウハウと違法業者に負けない胆力、熱意が必要です。


そんな弁護士はたくさんはいませんし、闇金に積極的に取り組んでいる業者は経験、実績豊富な弁護士ばかりです。


ヤミ金などの被害にあわれてお困りの方は、以下のヤミ金被害救済を行っている実績豊富な事務所に依頼されるのがおすすめです。もちろんメールの無料相談ができますから、現状を伝えてみてください。


●ヤミ金相談実績ならトップクラスで全国対応 ……… Duel法律事務所ヤミ金メール相談